DSC_2310

【写真説明】
日馬富士学校の開校式であいさつする茱咼礇鵐丱疋襯戸事長(元横綱・日馬富士)と蕕魯ルバドラッハ校長(新モンゴル学園理事長)=2018年9月1日、筆者撮影


110日夜、フジテレビが、横綱をやめた日馬富士(本名ビャンバドルジ)さんがウランバートルに学校をつくったことを特集していた。私は昨年91日の開校式に出席したので、番組では触れられていなかったことを中心に、あらためてレポートしたい。

番組では、新モンゴル日馬富士学園となっていたが、日馬富士学校とも言います。日馬富士さんが資金を提供し、新モンゴル学園理事長のガルバドラッハ(愛称ガラ)さんが開校の実務を担い、自ら校長を務めている。

ガラさんは山形大と東北大に留学経験を持つモンゴルの物理教師で、200010月、モンゴル初の3年制の高校「新モンゴル高校」を開校した。高校は、その後、モンゴルでは一般的な小中高一貫教育の学校になった。さらに2014年に大学と高専(日本式の工業高等専門学校)2016年に幼稚園と保育園を合わせた子ども園を併設し、モンゴル有数の私立総合学園になっている。

日馬富士さんの妻は新モンゴル高と岩手大を卒業している。日馬富士さんは、以前から人材育成のための学校創設の構想を持っており、妻の恩師であるガラさんに相談してきた。恩師は横綱の熱意に共感し校長を引き受けた。日馬富士さんは、ふだんは東京にいるので、ガラさんが現地の責任者として経営に当たっている。

日馬富士学校の開校式のテープカットには山形県上山市の長瀬洋子さんが加わった。長瀬さんは、ガラさんが新モンゴル高を創設したとき「柱一本の会」という応援団をつくって募金活動を行い、新モンゴル高の開校式でテープカットしており、今回は18年ぶりの大役となった。

日馬富士学校は多くの日本人が支援して生まれた。番組で紹介されていた通り、学校の空調設備はダイキン製だ。同社の役員は日馬富士後援会の有力メンバーだという。モンゴルの学校でエアコンはとても珍しいそうだ。

番組では建設費は約12億円と紹介していたが、資金捻出は難航したようだ。日馬富士さんは、例の事件で失業したため、銀行が融資を渋ったという。そこで日馬富士後援会の日本人会員が連帯保証人になって、やっと融資が受けられたそうだ。

日馬富士学校の備品は日本から送られたものも多い。20186月の新潟日報ウェブ版によると、新潟県三条市の中学校で使われた中古の机や椅子約270セットが日馬富士学校に送られた。

宮城県岩沼市からは20187月、名取ロータリークラブの協力で金属製の本棚、卓球台、ピアノ、オルガンなどがコンテナ便で送られた。本棚はガラさんの恩師である水原克敏・東北大名誉教授の自宅にあったもので約2万冊を収納できる量だ。私は積み込みのときに手伝ったが、かなりのボリュームで腕が痛くなった。

番組では、日馬富士学校は日本式の教育を目指していると紹介していた。先行する新モンゴル小中高では、数学、理科、英語、音楽などのカリキュラムは日本の教科書を参考にしており、それにならったものだ。新モンゴル小中高では、校歌、制服、給食、部活、三者面談など日本で一般的な教育慣行を多数取り入れている。日本語も第二外国語として教えている。

番組では、日馬富士学校では日本語による「朝のあいさつ運動」が行われていることを紹介していた。この運動は、新モンゴル小中高では、元NHKアナウンサーの宮田修さん(元産経新聞記者とは別人)が提唱して10年以上前から行われている。

新モンゴル小中高の卒業生で日本の大学や高専に進学した人は、学校で把握しているものだけで400人に達している。ほかに学校の進路指導を経ずに自力で日本の大学に留学したり、モンゴルの大学を卒業してから日本の大学院に入学する人も多い。

新モンゴル学園では、ガラ理事長のほか、専務理事、大学の学長、高専の校長、小中高の校長、子ども園の園主は、いずれも日本留学組だ。教員の中にも日本留学経験者は多く、日本人の教員もいる。新モンゴル子ども園は千葉県船橋市の夏見台幼稚園・保育園をモデルに開園した。

日馬富士学校は、今のところ12年制(5、中4、高3)のうち10年生(1)までの740人が学んでいる。将来は幼稚園を開設する予定という。同校は日本式教育を行っているので、将来、新モンゴル小中高のように卒業生の中から日本の大学に入学する人はいっぱい出てくるのではないか。

  

 

▽森修 もり・しゅう 

1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。