現在、百田尚樹さんの著書『日本国紀』(幻冬舎)が全国の書店で大ヒットし、インターネット上でも活発な議論や感想が交わされています。その中で、日本とモンゴルの交流史の上で決して外せない元寇の歴史についても9頁にわたって書かれています。

 この中で百田さんは下記のように主張しています。
 最近、歴史教科書では「元寇」や「蒙古襲来」という呼称は、モンゴルや中国に対する侮蔑的な言葉であるから使わないという流れになっているといいう。笑止千万である。歴史用語を現代の感覚で言い換えたり、使用禁止にしたりする行為は、歴史に対する冒涜である。

 本稿ではこの箇所について、筆者の考えをまとめます。
 百田さんが言及された内容はおそらく、2017年の中学校学習指導要領案のパブリックコメントに関することと考えます。この時、学習指導要領案では「元寇」を「モンゴルの襲来(元寇)」と表記する改正案が出ました。筆者もこの時は反対の立場から記事を発表。「モンゴルの襲来」では中国も朝鮮も関係ない、あくまでモンゴルが日本に襲来したという誤ったイメージを増幅しかねないと主張しました。

「元寇」から「モンゴルの襲来」に?中学校学習指導要領案のここが問題
http://mongol.blog.jp/2017/03/06/51929616

 さて本題は、「蒙古」の記述についてです。

 「蒙古」は現在でも中国語でモンゴルを指し、日本でも「日蒙」などの略語に散見されます。
 一方、現在の日本ではモンゴルに対して、「蒙」に悪い意味があるから使用しない、あるいは漢語に依存せずカタカナでモンゴルと表記する(歴史用語や学術用語を除く)ことが、常識になっています。
Princ_Teh_Wang
デムチュクドンロブ(徳王)

 歴史用語としての「蒙古」は、鎌倉時代の元寇のほかには、昭和期に集中します。
 満洲事変(1931)以後の「満蒙開拓団」、盧溝橋事件(1937)以後にデムチュクドンロブ(徳王)が主席をつとめた「蒙古連盟自治政府」、ノモンハン事件(1939)の「外蒙古」「内蒙古」などが挙げられます。
 一方で、モンゴルを「蒙古」ではなく「モンゴル」とカタカナで表記するのは1949年から60年代にはすでに普及しており、より正確には、漢籍のみに頼らずにモンゴルの研究が始まった明治期から見られています。
 つまり、日本人が日本語としてモンゴルを「蒙古」ではなく「モンゴル」と表記する選択を行っている歴史があるのです。
 このことを、『日本国紀』の読者の皆様にお伝えしたいと思います。


 幸い、『日本国紀』では、下記のように詳述されています。
 文永五年(一二六八)、高麗の使者を介して武力制圧をほのめかした国書を日本に送ってきたのだ。その国書でフビライは「大蒙古国皇帝」を名乗っている。

moukokokutyoujou
「蒙古国牒状」

 当時の日本は漢語の「蒙古国牒状」をもってしか大元大モンゴル国を知ることができなかったため、日本の立場から見た場合は「蒙古」となり、歴史用語となっています。

 さらに『日本国紀』では、「蒙古」と「高麗」と「旧南宋」をしっかり書き分けているため、先述の「元寇」をモンゴルの襲来に改めるという学習指導要領案の問題を把握できる内容にもなっています。

 「蒙古国牒状」が「武力制圧をほのめかした」と解釈された理由には、日本にモンゴルへの服属を勧める「高麗国牒状」が添付されていたこともあります。また、日蓮は一貫して「蒙古」と略せず「大蒙古」の表記を貫いています。日蓮の意図は不明ですが、筆者はそれが漢字の蔑意としての「蒙」「古」ではなく、あくまで実際の国名として記すという意思を感じます。

 北条時宗と鎌倉幕府の決断に関する百田さんの解釈と主張は、是非著書のご購読をもって皆様に考えていただくと、日本とモンゴルの相互理解やモンゴル研究への興味関心が、一層深まると思います。

 モンゴルが現在の日本の友国に至った歴史を、日本人が日本人として自国の歴史に誇りを持つ上でも、大切にしていきたいと思います。

(2018年11月25日 みずばしょう)



参照:
モンゴルは「蒙古」にあらず。日本語の誇りをかけた静かな戦い
http://mongol.blog.jp/archives/51763500.html