モンゴル 乗馬

【ゆたかなとき】

さっき、東京はいきなりの驟雨にみまわれ、瞬く間にやむ。

ウェザーニュースのアプリによると、この1時間あたりに雨が降るとか。

めちゃくちゃ当たるなぁ。


ふと、モンゴル・エルセンタサルハイの旅を思いだして笑う。

ただでさえ雨が少ないモンゴルの、しかも沙漠に豪雨が降る。

バリバリと雷が鳴る。

「地球探検隊」
雨柱すごいのに、突撃しすぎでしょ(^^;;


そして止んでそののちに、ガイドのドルジさんは
「雨は土地を潤し、家畜を肥やす」
と、ず〜っと満面の笑顔。

「破顔一笑」というが、すごい笑顔だ。
ず〜っとニコニコしている。

なるほど、遊牧民。
自然を友にしている。

………なんだろ、ず〜っと満面の笑顔だ。


馬もなにやら嬉しいらしく、草を食んで盛んにいななく。

これもまた、ゆたかなときなのだ。

モンゴル旅行体験談

ドルジの絵本
桜井 たけし
2018-08-20