IMG_4890


【エナジードリンクが…】

8月3日、22時ごろにモンゴル・ウランバートルのゲストハウスのチェックイン。

さて、猛暑日を経てカラカラに乾いた喉を潤そうと、街に飲み物を買いにでたところ………

そもそも少ない商店がみんな閉まってる!


カフェやらパブなど到底はいる気にならず、とにかくあたりを歩いていると………

遠くに、赤地に黄色い「K」の看板が明々ときらめいている。

「もしや⁈」と思い近づいてみると………

なんとサークルK!しかも24時間営業!

「窮すれば通ず」

素晴らしい拠り所を見つけてしまった。

本や雑誌はないけれど、店内は清潔で化粧用品の品揃えが豊富、ホットスナックのコーナーもある。

しかも、店員に日本語を話せる男の子がいて、気さくに話しかけてくれ、仲良くなった。


数回通ったある日、彼が「こんにちは、何を探しているんですか?」と聞いてくれたので

「何かエネルギーが出る飲み物を」

と冷蔵庫を見回していると………

レッドブル発見!

「これいくら?」

「1,030トゥグリクです」

………50円!

「安っ!!!」

「でしょ(笑)」

ほかに、モンゴル産が有名なチャチャルガン(シーバックソーン)100%ドリンクが1本80円。

モンゴル語で

「本物のチャチャルガン」

「100%オーガニック」

などと書いてあり、フムフムとうなずきながらグイッと飲み干すと………

………酸っぱ!!!

IMG_4891

でもチャチャルガンはモンゴルでは

「シャルドクトル:モンゴル語で"黄色い医者"」

と言われるほど栄養素が豊富で、以前、飲んでから11分で体温が上がり始めるというエビデンスを見たことがある。

日本でも手に入るから、冷え性の方や、朝が辛い方は飲んでみるとよいだろう。


ちなみにこのサークルKは、中央デパート(ノミンデパート)から西へ徒歩200mほど。

ウランバートルの中央西側を拠点にする方は、覚えておくといいかもしれない。

モンゴル旅行体験談

寄稿 大道 卓矢 

モンゴル時代の「知」の東西 上
宮 紀子
名古屋大学出版会
2018-03-09