IMG_3721

↑マンションの宅配ようのボックス。


毎度、編集長のタケシです。

内モンゴルに来てちょうど25日目です。


今日は、内モンゴルに留学または内モンゴルで生活するための必須アプリを紹介します。

IMG_3741


ご存知の方もいるかもしれないが、内モンゴルではキャッシュレスが普及してて、現金で支払いするのは老人や外国人くらいでしょう。


では、内モンゴルでより便利なライフスタイルするにはどうすれば良いでしょうか。

IMG_3778


まずは、中国No1アプリ微信(weichat)をダウンロードすること。現地の人とのコミュニケーションをとるにはこれが必須です。日本でいうLINEに似ています。グループチャットなどもできます。仕事のホウレンソウもこれで済ませる団体や会社が多いです。


IMG_3777


そして、微信1番の使い道と言えばやっぱり微信支付という支払いや送金機能です。屋台から大型ショッピングモールまで、そして個人や企業間の送金、みんな微信支付使っています。


そして、微信以外に以下のアプリが必須です。

IMG_3826


Wi-Fi万能钥匙街中のWi-Fiをタダ乗りするためのツールです。日本では違法だと思いますが、中国ではこれ使うのは主流です。


高地中国版グーグルマップのようなものです。経路案内が使いやすいです。


东购物中国版アマゾンです、フフホトに住んでいれば、大体注文した物が翌日に届けてくれます。


团外卖出前専門のバイク便です。アプリで近所のレストランから注文したら30分以内に届ける仕組みです。特に、雨の日や忙しい日には使う人多いようです。


摩拜单车街中にあるシェア自転車専用のアプリです。


车码路線バス専用のアプリです。


以上、内モンゴルで生活するための最低限、必要とされるアプリの紹介でした。ハイテクに関しては、日本に比べてより進んでいるような気がします。