FullSizeRender

毎度、編集長のタケシです。
先月15日に発行後、チンギスハン侮辱問題で大炎上した月刊『コロコロコミック』、本日発売の当誌では、編集部から読者へのお詫びのコメントが掲載されている事を確認しました。

チンギス・ハーン冒涜にはなぜモンゴル民族は激怒するのか?

コロコロコミック大炎上、在日モンゴル人による講義デモ

IMG_2451

なお、一連の騒動に関しては、当サイトを読んでたら分かるかと思いますが、編集部からの詫びのコメント掲載は、在日モンゴル人による騒動収束の条件の一つでもあります。なので得に驚くことはありません。

コロコロコミックのチンギス・ハン侮辱問題で出版社と作者が行うべきこと

近年、わざとこのような騒動を起こし、商品の知名度や売り上げを高めるという炎上商法を行っている企業は少なからずあります。消費者も、経営者も、今一度本来の企業のあり方をもう一度考えるべきではないでしょうか。

モンゴル時代の「知」の東西 上
宮 紀子
名古屋大学出版会
2018-03-09