top

「モンゴル現代史」は、モンゴルの近・現代事情が非常にわかりやすく書かれていて、モンゴル現代史入門としておすすめの一冊です。


大きく分けて、20世紀のモンゴル史と戦後の半世紀をふり返るという2部構成になっています。


「20世紀のモンゴル史」では、人民共和国の誕生や仏教の弾圧、スターリンとモンゴル革命の父、90年代の民主主義革命などについて触れられています。


「戦後の半世紀をふりかえる」では、モンゴルと日本の関係などについて記載されています。

2

一見、ロシアと中国という大国に挟まれた感のあるモンゴルですが、その国土はかなり大きいです。


同一緯度でヨーロッパに移してみると、フランス最西端からルーマニアのブカレストくらいまでの横長にまたがるとのことです


以下、この本からモンゴル関連の情報として、参考になった箇所を一部抜粋します。


引用・・・

モンゴルは「蒼天の地」と言われているが、年間平均257日も雲ひとつ無い日が続く極端な大陸性気候である。


列強の巧妙な策略という観点からモンゴルとチベットの事例を比較すると興味深く、1913年ロシアと中国によってモンゴルは外モンゴルと内モンゴルに分割された。


1925年には68万人程度の人口は、1989年には204万人となり、ほぼ3倍になった。
この人口爆発とも言える増加率は公衆衛生と医療サービス改善の効果により、死亡率を低下させたことに起因する。


チンギス・ハーンが13世紀に全てのモンゴル民族を統一し、初めてモンゴル国家を成立させ、仏教を取り入れたことを知っているであろう。

著者がモンゴル現代史で常に深く思いを馳せるのは、ソ連共産党主導による社会主義化で“犠牲”となった人々とのことです。



これら、「モンゴル現代史」はページ数も多くなく、コンパクトにまとまっているため読みやすく、モンゴルのことをサクっと知りたい方へおすすめの1冊だと感じました。