image
毎度、編集長のタケシです。
今年の夏にモンゴル及びチンギスハーンに関する本を数冊読みました。最近やっと落ち着いてきたので簡単に紹介したいと思います。
 
「モンゴル遊牧図譜」 
2016-11-15-19-52-26
2016-11-15-20-21-27
2016-11-15-19-51-44
2016-11-15-20-21-57
2016-11-15-19-51-19

今日皆さんに紹介するのは梅棹忠夫が書いた「回想のモンゴル」です。これは終戦直前(1944年)に、梅棹さんの草原における牧畜の研究目的でモンゴルに派遣され、現地で見たもの、体験した話を書いてある話です。ここでいうモンゴルは、今の内モンゴル及びその周辺地を指しています。

カルピスの創業者三島海雲が内モンゴルを訪れたのは1908年頃なので、それから36年後の話です。いろいろ地名や役職名がたくさん出るのですが、今は影も見つからないというほど「変わった」というより「失った」と言った方が適切でしょう。

この本の一番評価すべきところは「モンゴル遊牧図譜」です。
分かりやすい図と丁寧な説明、私が子供の時に見てた家具だったり、道具だったり、非常に貴重な記録です。内モンゴルの小中校の教科書に載せれるくらいの価値があります。最近の内モンゴルでは、街の看板・商品の説明文から学校の教科書まで、モンゴル文字は誤字、脱字だらけです。管理監督責任者が漢人なのか、それとも漢化されたモンゴル人なのか、心が痛いです。

本書では、当時の満州国のことだったり、日本が内モンゴルでスパイ養成した話もあって、
かなり面白いです。

戦後、梅棹忠夫が日本に帰国する時に、上記の図など貴重な記録を偽装して、日本に持ち帰ることができたわけです。遊牧文化やモンゴルに関心がある方にはぜひ読んで欲しい一冊です。

回想のモンゴル (中公文庫)
梅棹 忠夫
中央公論新社
2011-08-23