mongol_006_0001
mongol_006_0002
mongol_006_0003
mongol_006_0004
mongol_006_0005
mongol_006_0006
mongol_006_0007
mongol_006_0008
mongol_006_0009
mongol_006_0010
mongol_006_0011
mongol_006_0012
mongol_006_0013
mongol_006_0014
mongol_006_0015
mongol_006_0016
mongol_006_0017
mongol_006_0019
mongol_006_0020
mongol_006_0021
mongol_006_0022
mongol_006_0023
mongol_006_0024
mongol_006_0025
mongol_006_0026
mongol_006_0027
mongol_006_0028
mongol_006_0029
mongol_006_0030
mongol_006_0031
mongol_006_0032
mongol_006_0033
mongol_006_0034
mongol_006_0035
mongol_006_0036
mongol_006_0037
mongol_006_0038
mongol_006_0039
mongol_006_0040
mongol_006_0041
mongol_006_0042
mongol_006_0043
mongol_006_0044
mongol_006_0045
mongol_006_0046
mongol_006_0047
mongol_006_0048


さよならモンゴル、ついに最後の日が来てしまいました。
友達のセイカちんは早朝の飛行機だったので私とはバラバラ、そのため
起きたら私はひとちモンゴル状態だったのですが、なんと言えばよいのでしょうか。
すっかり見慣れた草原といつものみんな、においとか馬とか犬とか、仲良くなった全ての動物
なんかお別れなのがよく分からないくらいに馴染んでしまいました。
当たり前のように牛が隣にいるような生活が大好きだったんですね〜。。と。
まあ、小さい頃は当たり前のように隣に牛がいたんですけどねww
だからなんか懐かしかったです!
ドルマお母さんが来年の夏も来てね!っていいながらハグをして両頬にキスをしてくれました。
なんというハイカラなお別れなんでしょう、私の方がすっかりシャイで、照れながらキスをしたのでした。
自分がどれだけ動物や自然が好きで、それが本当に大事だってことを思い出しました。
今は大都会、東京ですが、どこに行っても学ぶことがたくさんあって、なんと言うか
これからもいっぱい旅をしたいです。


寄稿者
Rie Cheetah
デザイナー、イラストレーター、ブロガー歴15年。

公式サイト