モンゴル情報クローズアップ!

モンゴルの文化、ビジネス、投資、観光、最新話題など幅広い情報をお届けします。(通称:モンゴルなう)

カテゴリ: 商品・サービスの紹介

〜国土の90%が厳しい低温状態、96万人以上が被災する可能性〜

モンゴル2000
特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム(東京都千代田区/以下、JPF)は、昨年11月から続く激しい降雪とマイナス50度を超える厳しい寒さに見舞われているモンゴルに対して、3月12日、「モンゴル雪害対応2016」プログラムとして支援活動を実施することを決定しました。現在、加盟NGO 1団体が出動を予定しています。

 

2016年1月8日、モンゴル国家危機管理局(NEMA: National Emergency Management Authority)は、国土の90%が厳しい低温状態にあることを報告しました。1月20日以降、モンゴル全土339郡のうち211郡が、ゾド雪害※1かそれに近い状態に陥っています※2。

 

モンゴル国副首相と外務大臣は、2月2日、ゾド雪害の被災者の支援を行う国際組織と協力して対応することを決定。国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)は、これをモンゴル政府当局の国際支援要請と見なし、緊急アピールを発表しました。※3

 

国連人道問題調整事務所 (OCHA)は、全遊牧民の41%にあたる225,800人が被災する可能性を※2、IFRCは、965,000人以上が被災する可能性を指摘しています※4。
 

■プログラム概要
プログラム名:  モンゴル雪害対応2016
プログラム期間:  3ヶ月間(初動対応)
予算枠:  3,000万円(政府資金)
対象地域:  モンゴル国
出動予定加盟NGO:  セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(SCJ)
 
今後の状況につきましては、随時ホームページ等でご報告いたします。                                               以上

 

 

 ※1: ゾド雪害:モンゴルで数年から十数年程度の周期で発生する大規模な雪害。夏季の干ばつにより乾草が不足し、冬には10〜350cmの積雪と激しい吹雪で平均気温がマイナス50度以下になるため、大量の家畜が死亡し、人々の生活に多大な影響をもたらす大規模な自然災害。長期的には、脆弱な遊牧民に甚大な打撃を与えることが知られている。

※2: OCHA, Asia and Pacific: Weekly Regional Humanitarian Snapshot 16-22 February 2016

※3: IFRC, Emergency Appeal Mongolia: Extreme Winter Condition, 29 February 2016

※4: IFRC, Emergency Plan of Action Mongolia: Extreme Winter Condition, 15 January 2016

 

 

■特定非営利活動法人(認定NPO 法人) ジャパン・プラットフォームについて

日本の緊急人道支援の新しいしくみとして2000年に誕生した中間支援団体。NGO・経済界・政府などが対等なパートナーシップのもとに連携し、迅速かつ効率的に国内外の緊急支援を実施するため、日本のJPF加盟NGOを様々な形でサポートしている。設立以来、総額350億円、1100以上の事業、40以上の国・地域における支援実績、企業とNGOの協業の促進、しっかりとした支援活動報告により、確かな信頼を築いてきた。各得意分野を持つ46のJPF加盟NGOと情報を共有し、ともに支援プロジェクトをつくる。民間から総額70億円以上が寄せられた東日本大震災支援では、被災県の地域連携・中間支援組織とともに地元NGOをサポートし、復興への体制整備に貢献している。

4月1日(金)より全国で放送開始
アサヒ飲料株式会社

アサヒ飲料株式会社(本社 東京、社長 岸上 克彦)は、女優の長澤まさみさんを起用した「カルピス」ブランド(「カルピス」「カルピスウォーター」「カルピスソーダ」)の新テレビCM“自然に生きる人々”編を4月1日(金)より、全国で放送します。

「カルピス」は1919年に誕生してもうすぐ、100年。
ずっと変わらず、“乳酸菌”と“酵母”による“発酵”という自然製法によってつくられています。最近の研究により、この“発酵”が生みだす独自のおいしさや香りには、カラダにうれしい“チカラ”があることが判ってきています。
 2015年からその“チカラ”への気づきをCMやパッケージを通して表現してきました。本CMではさらに「カルピス」誕生のヒントとなった“発酵”に焦点を当てることで、「カルピス」が生まれたときから込められた、カラダにうれしい“力(=チカラ)”を伝えていきます。

内モンゴルの発酵乳をヒントに、「カルピス」は生まれました。
 今回のCMでは「カルピス」誕生のヒントとなった、内モンゴルを訪ねます。そこには雄大な大地がひろがり、いきいきと暮らす人々と、彼らの健康をずっと昔から支えてきた発酵乳がありました。
 約100年前、この地を訪れた「カルピス」の生みの親、三島海雲。長旅で体調を崩していた彼は、現地でふるまわれた発酵乳を飲むうちに驚くほど元気になりました。帰国後、この不思議なチカラで日本の国民を元気にしたい!と、内モンゴルでの経験をヒントに生みだしたのが、CMの中で長澤まさみさんが飲む、「カルピス」です。
 “発酵”が生みだす“チカラ”。このチカラを人々の健康に役立てていきたい。そんな思いのもとに私たちは研究を続け、おいしさと健康をお届けしていきます。
カルピス1
〜新テレビCM“自然に生きる人々”編 ストーリー〜
 本CMは「カルピス」にはカラダにうれしい“チカラ”があることへの気づきを、内モンゴルの雄大な映像と長澤まさみさんの神秘的なナレーションで伝えていきます。
カルピス2
カルピス3
カルピス4
カルピス5
カルピス6
カルピス7
カルピス8
カルピス9
カルピス10
内モンゴル。その雄大な大地で強く生きていくための力を人々はずっと昔から知っていました。彼らの暮らし、健康を支えてきたのは発酵乳。自然の中で力強く暮らす人々、丁寧に作り上げた発酵乳をぐっと力強く飲んでいる様子を捉えながら、その発酵の力をヒントに「カルピス」が生まれたことを伝えます。
『「カルピス」には力がある。』というナレーションとともに、一杯の「カルピス」を飲む長澤さんの映像になると、象徴的に『「カルピス」のカ(チカラ)』というコピーが入ります。
「乳酸菌と酵母の生みだすチカラ」のシンボルマークが、商品群(「カルピス」「カルピスウォーター」「カルピスソーダ」)に変化して、チカラがあることへの気づきを伝えます。

カルピス11 カルピス12
〜「カルピス」のカ?〜

 「カルピス」には、独自の発酵に由来するカラダにうれしい“チカラ”があること。商品にふれるたびに、その事実を思い出していただきたいと開発したのが、CMに登場する『「カルピス」のカ(チカラ)』という表現です。
 「カルピス」のロゴの中に、はじめから「カ」(チカラ)という文字が入っていることを表現しており、「カルピス」ブランド商品には、発酵に由来するチカラがあることを伝えます。今回のテレビCMに加え、店頭などでこのマークを見かけた方が、「カルピス」の“力”に興味を持っていただき、飲むたびにカラダにうれしい“チカラ”を感じていただけたら、と思います。

【TVCM概要】

TVCM名:「自然に生きる人々」編
放送開始日:2016年4月1日(金)
出演者:■長澤 まさみ
1987年6月3日生まれ、血液型 A型、静岡県出身。
2000年1月、第5回『東宝シンデレラ』でグランプリに選ばれる。『世界の中心で、愛をさけぶ』(2004年)で第27回日本アカデミー賞 新人俳優賞を受賞し、以降数多くの映画、ドラマに出演。近年では舞台、台湾ドラマへの主演など活動の幅を広げている。『海街ダイアリー』(2015年)にて、日本アカデミー賞など数々の賞を受賞。2016年NHK大河ドラマ『真田丸』、映画『アイアムアヒーロー』など活躍が期待される。



楽曲:■楽曲 CMオリジナル曲

撮影エピソード:
 今回のTVCMは「カルピス」生みの親・三島海雲が体験した発酵のチカラを、伝えようと実際に中国、内モンゴル自治区シリンホトへ撮影に訪れました。
 一面に広がる雄大な大地と地平線、そこに昇る朝日や生活する人々の目の輝きに、とても力強いものを感じました。自然と向き合う生活の中、発酵乳を作っている家族たち。内モンゴルではこの発酵乳は健康に良いものとしてこどもから大人まで飲まれ続けているそうです。
 CMにも登場する内モンゴルの発酵乳は、かき混ぜると泡があがり、独自の酸っぱく豊かな香りが漂います。その様子に「カルピス」を作るときの発酵の泡や香りを思い出しました。
 撮影を通して約100年前、日本から遠い地で三島海雲の大志をもつ源となった出会いを追体験し、私たちも人々の健康に役立っていきたい、という思いを新たにしたのでした。


<お客様からのお問い合わせ先>
アサヒ飲料株式会社 お客様相談室:フリーダイヤル:0120-378090
アサヒ飲料 ホームページアドレス: http://www.asahiinryo.co.jp

「カルピス」「カルピスウォーター」「カルピスソーダ」「CALPIS」「CALPIS SODA」「カラダにピース」は、アサヒ飲料株式会社の登録商標です。

モンゴル村1

毎度、編集長のタケシです。

日本に来てもう15年です。
言い換えれば遊牧民生活を離れてもう15年です。

そんな私が最近よく思うようになったこと:日本とモンゴルの両国に貢献できる事をしたい。

高齢化と少子化によって、地方はどんどん寂れていくのみてもったいないなぁと思っています。日本中いろいろ旅をして来ました。そして地方の自然と田舎の人の良さに魅力を感じました。私ができる事、私にしかできない事を考えたら「モンゴル村」を作る事にたどり着きました。

日本は海、森、山などの自然に恵まれている国です。こんなところでモンゴルの移動式住居ゲルを設置すればもう贅沢です。


来客はモンゴルの文化を体験するだけじゃなく、ネットや本だけでは伝わらない、風の音、空の色、鳥の鳴き声など五感を使って思い切り地方の自然を楽しめると思います。ターゲットは日本人、そしいて若者向けです。もちろん温泉のある場所に作れたら今話題のインバウンドだって可能です。
まだ企画の最中で、土地を提供して下さる地方自治体を探しています。もちろん私のこの思いを賛同して下さる投資家また共同開発に取り込みたいという方いたら大歓迎です。



今考えているの関東地方のみですが、
その他の地方でもプロデュースすることは可能です。


土地提供、または共同開発に取り込みたい自治体、個人の方
ぜひモンゴル商事までお問い合わせ下さい。


モンゴル村で地方活性化に貢献しましょう! 


参考までに!非常に成功している事例です。

鷹島モンゴル村
www.mongol-mura.com/

モンゴリアビレッジ テンゲル
www.tenger.jp/

 

↑このページのトップヘ