girl-1245713_1920
モンゴルで暮らすならもちろん、旅行者にも必要な携帯電話。遊牧生活が基本のモンゴルでは、固定電話の普及よりも先に携帯電話が一般的になったと言っても過言ではない。
日本と違って端末はSIMフリー。各キャリアでSIMカードのみ購入し、中古の端末に挿して使っている人が多い。モンゴルの大手キャリアはMobicom、unitel、SKYTEL、Gmobileの4社。8桁ある電話番号のうち、頭2桁でどのキャリアの番号かが分かるよう振り分けられている。99、95、94、85で始まるのがMobicom、88、81などはunitel、96、91はSKYTEL、98、93はGmobile、といった具合だ。端末はiPhoneとSamsungの機種が圧倒的に多く、LGやHUAWEIもあるが、Xperiaなど日本の機種は滅多に見かけない。Nokiaのいわゆるガラケーを使っている人もいて、これは中古なら2万トゥグルグあれば充分買えるのでサブ機にオススメ。

モンゴルで携帯電話番号を手に入れる時は、ウランバートルのテンギス映画館の近くにあるテディセンターや各キャリアの支店にあるタッチパネルのモニターを使い、自分の好きな番号を選んで購入する。日本のようにキャリアから振り分けてはもらえず、プリペイド式と後払いの番号がある。値段は数千トゥグルグからだが、面白いのは、数字の並びがゾロ目だったり規則的になっているものは「ゴイ ドガール(гоё дугаар、カッコイイ番号)」と呼ばれ、数万トゥグルグからと少しずつ高額になる。筆者のモンゴル人の友人は”Монголчууд утасны дугаараар гангардаг байхгүй юу.”(モンゴル人は電話番号でオシャレするんだぜ)とドヤ顔で語っていた。

電話番号を購入できるのはキャリアからだけではなく、個人間でもFacebookグループや中古品売買サイトなどで売買されることがある。後払いの場合は名義変更が必要になったりするが、SIMさえ受け取れば自分の端末に挿してすぐに使える。

特に8811で始まる番号がかなり高額なようで、なかには「2700万トゥグルグ(約107万円)、ローンで売ります」なんて投稿も。電話番号を購入するのにローンを組むなんてちょっと信じられないが、モンゴル人のプライドや美意識に通じているようだ。

筆者は、帰国の際にそれまで使っていた電話番号を売却した。相手が知り合いだったので確か1.5万トゥグルグ程度で譲ったが、周りには「もっと高く売れたと思うよ」と言われたので、それなりに「ゴイ(カッコイイ)」番号だったらしい。

ちなみにモンゴルの人々は日本人ほど警戒心がなく、初対面の人でも普通に電話番号を教えてくれたりする。

もしモンゴル以外にも似たような習慣のある場所をご存知の方がいれば、ぜひ教えていただきたいと思う。

寄稿:kels

モンゴル国立教育大学ジャーナリズム学科卒。関西の高校卒業後、海外留学に憧れてモンゴルに渡る。アジアにもヨーロッパにも見える不思議なウランバートルの街並みとモンゴル人の人柄が気に入り、約半年の語学留学を経て教育大に入学。クラスに日本人はおろか、留学生も一人。4年間の楽しいキャンパスライフを送る。在学中に国営モンツァメ通信社の日本語版週刊紙「モンゴル通信」で1年半インターン。大学卒業と同時に帰国、現在は首都圏の新聞社勤務。UB帰りの帰国子女と婚約中。kelsはフィリピン人に付けてもらったイングリッシュネームから。