IMG_9844

【写真説明】新モンゴル高専の機械工学研究室でロボットの実験について説明する鈴木新一さん=新モンゴル高専提供

 

 

 モンゴルには日本式の高専(工業高等専門学校)が3校ある。私立のモンゴル高専と新モンゴル高専、そして国立科学技術大の付属高専だ。いずれも2014年に開校した。今年、初めての卒業生を送り出す。

 モンゴルの高専は、日本の高専を卒業したモンゴル人が創設を呼び掛けてできた。日本の高専関係者が「モンゴルに日本式高専を創る支援の会」を組織して協力した。当時の教育相ガントゥムルさんは仙台電波高専(現在の仙台高専)と長岡技科大を卒業しており、日本の教育制度に理解があって計画が進んだ経緯がある。

 新モンゴル高専のボヤンジャルガル校長は、佐世保高専、千葉大工学部と大学院を卒業し東芝の府中事業所に勤務していたとき、新モンゴル学園のガルバドラッハ理事長にスカウトされた。モンゴル高専をつくったガンバヤルさん(故人)も東京高専を卒業している。

 新モンゴル高専に、昨年5月、豊橋技科大の機械工学科教授を定年退職した鈴木新一さんが赴任した。鈴木さんは新モンゴル工科大教授と兼任で学生の教育に当たっている。

ウランバートルで今年8月、アジア太平洋ロボットコンテスト(ロボコン)が開かれる。鈴木さんは、特にこのロボコンに向けた指導者として、ガルバドラッハ理事長に招かれた。

 ロボコンの今年のテーマは「四つ足で歩くロボット」だという。鈴木さんに、ロボコンへの抱負を聞いたら、「ものすごいプレッシャーです」と苦笑した。モンゴルはモノづくりの伝統がない。ロボコンは、設計はもちろん、部品を探し組み合わせる総合力が試される。ほとんどゼロからの出発だ。時間がない。ベトナムなど新興国の追い上げもある。入賞を目指すには、大きなプレッシャーに違いない。

 新モンゴル高専には、鈴木さんのほかに、もう一人、土木建築工学の日本人教員、綿貫久さんがいる。近く、さらに日本人一人が化学工学科に増員予定という。

 一方、モンゴル高専には、電気電子工学の西山明彦さんら日本人教員が6人いる。このうち2人は日本語の教員だ。日本語教員は近く4人に増やす予定だとう。日本語教育に力を入れているのは、卒業研究と並行して日本の高専や大学に入学する準備をさせるためだという。もちろん、日本企業への就職も視野に入れている。

 モンゴル高専の技術移転センター長を務めるガンオドさんは新モンゴル高宇都宮大工学部を卒業した。ガンオドさんによると、モンゴル高専は「モノづくり重視」を掲げている。技術移転センターは、その中核であり、溶接、旋盤、プレス加工などの基礎技術をたたき込む。また野菜の水耕栽培や家畜の排せつ物からメタンガスをつくって利用する技術開発も行っている。

 国立科技大の付属高専で化学を教えるエルデネボロルさんは、新モンゴル高千葉大工学部・大学院を卒業している彼女は、化学の授業は日本語で行っている。付属高専には日本留学準備教育プログラムがあり、その一環だという同校では、日本留学を目指す学生、モンゴルの自然や風俗を日本語の壁新聞に仕立て発表したりもしている

 今年はモンゴルの高専初めての卒業生を送り出すことから、提携・交流先の仙台高専など日本の幾つかの高専は、日本企業にモンゴルの高専卒業生の採用・受け入れを働きかけている


▽森修 もり・しゅう 
1950年、仙台市生まれ。元河北新報記者。1998年、山形市で勤務していたとき、たまたま入ったバーでアルバイトしていたモンゴル人の留学生と出会う。以来、モンゴルの魅力に取りつかれ、2005年「モンゴルの日本式高校」、2012年「あんだいつまでも新モンゴル高校と日本」をそれぞれ自費出版。