記念写真に納まるツェツェグジャルガル校長(前列中央)と柳澤学長
記念写真に納まるツェツェグジャルガル校長(前列中央)と柳澤学長(前列左から2人目)ら

岡山理科大学(岡山市北区理大町)は、モンゴルの首都・ウランバートルにある小中高一貫の「ナラン外国語学校」と教育・研究交流協定を締結することとなり、2019年10月17日、来日したゴンボ・ツェツェグジャルガル校長らと柳澤康信学長らが打ち合わせを行いました。協定は年内に締結され、教職員や学生・生徒の交流が本格的にスタートする見通しです。

一行は校長のほか同校のサンジ・デムベレルアドバイザー、北川雅弘・加計学園モンゴル支局長ら。岡山キャンパスで双方が協定書案の内容を確認しました。一行はA1号館にあるコンピューター実習室、化学実験室、音楽室・ピアノレッスン室などを見て回り、音楽の授業を見学。留学生入試についての説明を受けました。

岡山理科大学を初めて訪れたツェツェグジャルガル校長は「施設が充実していて、素晴らしい大学という印象です」と感想を述べ、「まずは教員の交流を進めていきたい」と強い期待感を表明しました。

ナラン外国語学校は2004年に設立され、生徒数約490人。教育内容はモンゴル語、英語、日本語、理科、地理、図形、体育などで、日本語は小学1年から教えています。

協定が締結されれば、モンゴルでは科学アカデミー古生物学地質学研究所(2013年)、国立教育大学(2017年)、生命科学大学(2018年)に続いて4件目となります。こうした交流の拠点として2019年9月、ウランバートルに「岡山理科大学モンゴル・サテライトオフィス」を開設しています。


【岡山理科大学について】
http://www.ous.ac.jp/
1964年、西日本初の理学部単科大学として応用数学科、化学科の2学科で開学。 2018年には愛媛県今治市に第2キャンパスを設け、西日本の私学で初の獣医学部を開設。7学部21学科1コースとなりました。「好奇心全開、探究心無限大」をキャッチフレーズに多彩な研究に取り組んでいます。

【本リリースに関するお問い合わせ先】
岡山理科大学 入試広報部
TEL:086-256-8412(内線1226)