2016-08-09-09-11-09
▲名前の由来になった、1921年のモンゴル革命の指導者スフバートルの銅像です。「近代モンゴル軍の父」と言われています。そして、その向かった先に政府宮殿とチンギス・ハーンの銅像が建てられています。

毎度、編集長のタケシです。
ウランバートルの市内観光、まずはチンギスハーン広場(旧名:スフバートル広場)からスタートという方も多いのではないでようか?広場の周囲には政府宮殿モンゴル国立オペラ劇場ウランバートル中央郵便局国立民族博物館モンゴル証券取引所などが集中して建てられているので非常に便利です。 2016-08-09-09-13-29
各国の大臣や首相が訪れた時にここで赤い絨毯をひいて、歓迎したり、軍事パレードが行ったりします。夜のライトアップも綺麗です。
 
モンゴル豆知識:この広場ではモンゴルの0地点の印が刻まれています。モンゴルの各地方都市までの距離はここからの距離を指しています。モンゴル行く機会あったらぜひ0点の印を探してみてください。


▲8月のモンゴルツアーの動画です。よかったらぜひチャンネル登録してね。そして、タケシの乗馬ツアーに興味ある方ぜひ連絡ください。次回ツアー企画するときに連絡します。
http://mongolshoji.co.jp/travel/

ちなみに、来週からまたモンゴル行ってきます。日本のアイドルグループのアテンド、そして次のビッグプロジェクトの打ち合わせなどです。